KA(近畿編針)の切替輪針セット

私が所有している切替輪針(Interchangeable Knitting Needle set) をときどき紹介していこうかと思います。

今日は、KA(近畿編針)の交換輪針セット。

これは5インチ(約12.5cm)の長さの竹製の編針と透明コードのセットです。
ACS_0052.jpg 

編針はUSサイズで US2 (2.75mm) からUS13 (9.0mm) までの11サイズの編針に、3種類の長さのコードが3セット(M1.8 用、M2用、M4用)計9本、コードのジョイントツール3個がセットになったものです。

コードは針のサイズによって異なっていて
US2 と US3 は M1.8
US4 から US8 は M2
US8 から US13 は M4
のものを使うことになります。

私は、このセットのケースが気に入り、twig & horn というお店から購入しました。 

ACS_0053.jpg 

キャンバス地の丈夫なケースに皮のベルトがついています。(うっ、ケースにネコ毛がついたまま写真を撮ってしまった・・・)

肝心の針は、

ACS_0054.jpg 

こんな感じ。先端の尖り具合が、尖りすぎず丸すぎずとてもいいです。

が。。。

肝心のコードなのですが、このコード、とてもしなやかなのはいいです。でも、とっても癖がつきやすく、そしてなかなかその癖がとれない。。。
それと、コードと針のジョイント部分が緩みやすく、そこに毛糸が引っかかりやすいのです。
さらに、残念なことに、ジョイント部分が緩んでいなくても、毛糸送りはあまりスムーズではありません。

コード部分と金具のところで、コードが回転するのはとても使いやすいのですが、それ以前の問題として、ジョイント部分が緩んだり、毛糸送りがスムーズでないのは、マジックループを多用する私にはちょっとストレス。

といいつつも、、、このセットに足りないサイズやストッパーなど別売り品も購入し、そこそこ使っています。
やっぱりセットで購入したものは、そのセットにないものや、追加で欲しいものが気軽に単品購入できるのは嬉しいことです。


【セット内容】
針 5インチ(約12.5cm)
US2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 10.5, 11, 13

コード(針の長さを含め)
M1.8 (US2, 3用)24インチ(約60cm)、32インチ(約80cm)、40インチ(約100cm)

コード用のジョイントツール
3種


【追加購入した単品】
針 4インチ(10cm) --- US0(2.00mm), US1(2.25mm), US1.5(2.50mm)
コード 20インチ(40cm)←針を含めた長さ
ストッパー 3種類のサイズ用



にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

Signature Needle Artsの輪針

Signature Needle Arts の輪針です。
編針界のフェラーリだとかロールス・ロイスだとかと称される、超高級な輪針です。

ACS_0048.jpg 


Marikoさんのブログ(黄色いレンガ道)にで紹介されていて、それに影響されて、お道具好きの私、勢いで真似っ子オーダーしてしまいました。
車のロールス・ロイスは絶対買えないけれど、輪針のロールス・ロイスなら私にも買えるわ!と。

私は細いソックヤーンを編むことが多いので、US1(2.25mm)とUS2(2.75mm)の2種類を注文。2枚同時編みなどできるように長いコードにしておきました。

で、編んで見たところ、たしかにとっても編みやすいです。
針先の絶妙な尖り具合、軸の滑り具合が素晴らしいのです。

が。。。。。。

正直な所、この価格を出してまで購入する価値があるか?というと、あくまで私の感想ですが、そこまでの価値は見いだせませんでした。
「超高級編針を所有している」という喜びが付加価値としてあるというくらい?

フェラーリやロールス・ロイスを運転したことはありませんが、乗り物を道具として考えた時にそれがとても運転しやすいものなのか?というと少し違う気がするんですよね。
そういったラグジュアリー車は、その居住空間が快適だったり、見た目が美しかったり、カスタマーサービスが素晴らしかったり、いわゆる+アルファ、オプション的部分に意味があるというか。
結局普段使いにはトヨタの大衆車みたいなのが楽だったりするんじゃないかと。(ちなみに私はトヨタは好きじゃないので、違う会社の日本車に乗っていますが。って、関係ないですね)
まぁ、乗ったことがない人が言うことではないのですが。。。

ということで、私はこの2本で満足かな。

で、Marikoさん情報によると、太い針ほど真価を発揮するらしいです。とくにその軽さ。私のような細い針だとあまり差が感じられないのかもしれません。なので、太い針をよく使われる方なら、使ってみる価値があるかもしれません。

ちなみに、US1(2.25mm)の針で体重測定です。すべて2本の重さです。
1/100の精密測りで測ってみました。

上から、ChiaoGoo, Hiyahiya, Signature Needle Arts の針です。先端の形状は比較的似ています。

IMG_0360.jpg 

ChiaoGoo 4inch (10cm) : 5.23g

ChiaoGoo 5inch (12.5cm) : 2.81g
Hiyahiya 5inch (12.5cm) : 1.86g
Signature Needle 4inch (10cm) : 2.36g


という結果でした。Hiyahiyaの針が一番軽かったです。


驚いたのは、ChiaoGoo.

短い4インチ針のほうが、長い5インチ針より重かったのです。何度測ってみても同じだったので、メーカーはバランスとか、強度とか考えてそうしているのか、理由があるのかないのか、よくわかりません。




にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

くつ下編みに便利なお道具とゲージチェックに便利なお道具

またもや新しいお道具を入手しました。ソックス用の定規とゲージ用の定規です。

ACS_0045.jpg 



ソックス用の定規は、履き口から編むものでも、つま先から編むものでもどちらでも使えるもので、簡単に編んでいるものの長さを測れるもの。プラスチックでできていますが、これは手作りできそうですね。
ACS_0044.jpg 



もう一つはゲージ用の定規。透明のプラスチックシートにメリヤス編みの編み目が印刷されていて、それを合わせることでゲージがわかるというもの。メリヤス編みの編み目を印刷されている目に合わせることでゲージがわかります。1”=約2.5cmなので、4倍すれば10cmのゲージがわかります。
白と黒で印刷されているので、毛糸の色も選びません。これは便利。
ACS_0046.jpgACS_0046.jpg


ソックス用の定規は
The Sock Rulersockruler.com

ゲージ用の定規は
Ann Budd Knits "Handy Gauge Ruler": https://annbuddknits.com/media-apps/handy-gauge-ruler/

です。😉
私はどちらもEtsyのお店で購入しました。



にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

靴下を同時に2足、つま先から編む練習

今まで何度か靴下には挑戦したことがあるのですが、つま先からは初めて。そして靴下を同時2足編みをしたことがないので、せっかくだからきちんと本を使って勉強してみようと。

使ったのは、
「Toe-Up 2-at-a-Time Socks」
という洋書。(アマゾンへのリンクはこの記事の最後に)

ACS_0024.jpg 

この本の良いところは、チョット太めの毛糸(並太くらい)で、ちょっと小さめのサンプルを練習がてら編んでみようというのが最初にある所。
いきなり本番は厳しいので、つま先から、2足同時に編む靴下の編み方の手順が小さめのサンプルで事前にわかれば、本番も編みやすくなるはず。
そして、並太くらいの太さがあれば、目もとても拾いやすくさらにわかりやすい。

とりあえず、家に置いてあった、処分しようか迷っていた使う予定のない毛糸(いつ何のために購入したのか不明なもの。。。)で練習です。コットン100%なので、コットン糸を編む練習にもなりそう。

で、これ、結果的に良かったのですが、段染めになっているのでさらに糸の目がわかりやすいのです。糸が割れやすいことを除けば、この毛糸、練習には良かったようです。

ということで、とりあえず最後まで頑張ってみます。


【2018年4月11日追記】
完成しました。洋書だったこともあり途中???なところもあったのですが、なんとか完成。
私はこの「つま先からあむ同時編み」の方法が気に入りました。
忘れないうちに、早速、私の用のサイズのものを編んでみようと思います。

今回はChiao Gooの切替輪針を使いました。竹製の方を使ったのですが、コードはメタル用の赤コード。このコードがとても丈夫なのにしなやかでまったく癖がつかない優れもの。
マジックループはこのコードが最高です。


伏せ止め編みの手前。2枚が仲良く並んでいます。
ACS_0029.jpg 


裏から見ると、ちゃんとかかとが立体的に。
ACS_0030.jpg 

完成!
ACS_0031.jpg 


アフェリエイトになります。

日本のアマゾン

アメリカのアマゾン



にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

コリデールの羊毛を紡ぎ終わりました

随分前に購入した、コリデールの羊毛。
ナチュラルカラーのコリデールで、白と茶色のバランスの美しいウールトップ。
BeesyBeeというお店から購入したものです。

ACS_0021.jpg 

BeesyBeeは比較的私の家の近くにあるお店なので、勝手に親近感を持っています。

ACS_0020.jpg 

とっても柔らかいウールで、紡いでいても気持ちがいいです。そして繊維が長いので紡ぎやすい。

ACS_0023.jpg 

結局 2-ply にしました。

重さ約110g、長さ約570mの毛糸になりました。

ACS_0025.jpg 

思っていたよりふんわりで柔らかいので、直接肌に触れるものを編むのにも使えそうです。
これを編むとどんな雰囲気になるのか。。。チョット楽しみ。

コレだけだとショールには少し足りなそうなので、ホワイト系のナチュラルカラーの羊毛を紡いでうまく合わせて何か編めれば。。。と思っています。



にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

About this site
カリフォルニアで夫 + きょうだいネコ2匹と暮らす私の手まりと手紡ぎ日記
About me
カリフォルニアで夫 + きょうだいネコ2匹と暮らす私の手まりと手紡ぎ日記