FC2ブログ

ニットプライド(ニットプロ)の輪針プロテクター

編み友だちと編み会の流れから、以前から気になっていた毛糸屋さんへお出かけしてきました。

Busy Stix という小さな毛糸屋さん。もちろん素敵な毛糸も数多くあるのですが、このお店はなんといっても小物類の充実が素晴らしかったです。

IMG_1881.jpg
入り口もかわいい。


IMG_6816.jpg 
充実の小物類。

ここで、以前から使い方が気になっていた商品を、お友達に聞いてみたところ・・・
彼女も使っているそうで、使い方を教えてもらいました。

ACS_0280.jpg 

これ。アメリカだと ニッターズプライド の会社名で売られていますが、日本のニットプロと同じメーカーです。

Circular Needle Protectors (輪針プロテクター)

これ、メタル部分はアルミの筒になっていて、黒いキャップのようなものがついています。ゴムかシリコンか素材はよくわかりませんが、ここに細い1本のスリットが入っているのです。

で、そのスリットに、針を押し込むと・・・

ACS_0281.jpg 

こんな感じに。これは説明のために押し込み途中の写真です。針を痛めることなく押し込むことができます。

そして、針が完全に筒に入ると、

ACS_0282.jpg 

こんな風に。黒い部分の素材の伸縮性で針がしっかり筒内にホールドされて、自然に抜け出てくることはなさそうです。
ただ、反対側は単に筒の穴が空いた状態なので、心配であれば、ここをなにかで塞いでおくと完璧かも。

このお道具はとっても軽いし、シンプルでかさばらないしモバイル編みには最適のお道具。
いいお道具を知ることができました。必需品となりそうです。

で、早速モバイル編みを。。。

ACS_0277.jpg 

お気にいりのコーヒーを購入して、サンプル品のパッションフルーツのレモネードももらって、テーブルにセッティング完了です。
キンキンに冷え過ぎくらいに冷えている店内でせっせと編み物を楽しんできました。

これで持ち運び時の針が折れるんじゃないか・・・という不安からは完全に開放されました。
うれしいです。



にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。



たくさんのカシミヤのウール

独立記念日のセールで購入したこれ。

ACS_0252.jpg 

カシミヤ100%のウールです。
ナチュラルカラーのカシミヤで、とってもふんわりしています。

上質なカシミヤは純白のイメージがありますが、この色もまたとても素敵です。

なんとこれ、1Kg 以上あるのです。
カシミヤとは思えない、破格のお値段で入手できました。
(写真に写っているラベルは元値のものですよぉ)

これを、単独で紡ぐか、アンゴラと混毛するか、メリノと混毛するか迷っていますが、これだけの量があるので、ひとまずちょっとずつ実験的にいくつかのパターンで紡いでみることにします。

まずはカードしなくっちゃ。




にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

Scheepjes Whirl で Secret Paths を編む

ようやく2枚めのSecret Pathsが完成しました。

ACS_0231.jpg 

ACS_0232.jpg 

Scheepjes Whirl 1玉編みきりです。

ACS_0086.jpg 

ACS_0087.jpg 

コットン、アクリルの混合糸なので、春夏に合うかと思い、グリーン系の糸です。私自身、普段身につけない色なので、完成がちょっと楽しみでした。
夫からは、「青虫みたい。。。」と言われながら編んでいました。。。

ACS_0112_20180710060744b37.jpg 

前回に比べ糸が細いので、なかなか進まず。。。途中飽きながらもなんとか最後まで編みました。
何回パターンを繰り返せば、最後の一番濃い色の糸でエッジ部分を編むことができるのか、重さを図りながらパターン回数を計算していきました。


で、本体を編み終わった段階で、これだけ糸が残りました。

ACS_0236.jpg 

30g!我ながらあっぱれな計算でした。
で、フェイスブックの編み物グループで、この残りでタッセルが作れるのでは?というアイディアを頂戴し、またまた計算して、5cmのタッセルなら3つ作れるだろう。。。と。

で、結局余ったのは、

ACS_0238.jpg 

これだけ。ほんとうに、ほぼぴったり!これなら糸を使い切った!!といってもいいでしょう。

ACS_0242.jpg 

タッセルを付けたらこんな感じ。ちょっとお上品です。
このタッセルはつけ外しができるようにしたので、気分で使い分けられます。

ACS_0241.jpg 

ACS_0240.jpg 

冷房の効きすぎた屋内で重宝しそうです。


パターン名:Secret Paths  
       (5段から18段を合計4回リピート)

糸:Scheepjes Whirl (761 Pistach Oh So Nice)




にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

ラベンダースティックを作る

我が家のフロントヤードにあるラベンダーの鉢植えが満開。ミツバチさんも蜜を集めにきていますが、そろそろラベンダーの健康を考えるとお花を摘む時期。

ACS_0225.jpg 

それで、今年はラベンダースティック作りに挑戦することにしました。

ACS_0226.jpg 

まだ半分も摘んでいませんが、ラベンダースティックは乾燥してしまうと作業しづらくなるそうで、フレッシュな状態で作業する必要があります。なので、今日中に作業できる量を考えると、このくらいにしておくのがいいかな?と。
ミツバチさんたちにお花を残しておいてあげましょう。

ACS_0227.jpg 

せっせと作業を続けました。
今回は11本のラベンダーを一束にしています。


ACS_0228.jpg 

9本のラベンダースティックができました。
まだラベンダーはたくさんあるので、もっともっと作れそうです。
今度はもっと幅の狭いリボンで作ってみたいと思います。

一度作ると数年間香りが持つそうなので楽しみ。


にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

マリメッコ ウニッコ風のエコたわし

どうしてもこれを編んでみたくて。。。

ACS_0190 2 

この編み図のある本を購入しました。

「北欧テイストのエコたわし」 主婦と生活社

マリメッコ ウニッコ風のエコたわし。(書籍では「オレンジ色のハナ」というタイトルです)

キッチンや洗面台が明るくなりそうです。
でもこれ、フェイスブックの編み物グループに投稿したところ、「マリークワントのお花に似ている」という意見のほうが多くて。確かに、と。
きっと花びら5枚が同じ大きさだからですね。すこし花びらを不規則な形と大きさにするとウニッコになるかも?

さて、かぎ針での小物は初めて。いつも、ショールなど、比較的大物ばかり編んでいるので、こういった小物は、あっという間にその日のうちに数時間で完成するのもいいものですね。

日本式のかぎ針の編み図を見ながら編むのが初めてで、よくわからないところが何か所かあって、結局数か所間違ってしまっているのですが、とりあえず編み進めて完成させてみました。

最後まで編んでみて、間違ったところとか、編み図でわかりにくかったところも納得したので次は間違えずに編めそうです。

簡単に編めるので、色違いでたくさん作って、かわいいお花をたくさん咲かせたいな、と。

ところで。。。
エコたわしを編むにあたって、気になっていたのが「アクリル毛糸ならなんでもいいのか?」ということ。
どうやら何でもいいわけではないようです。

アクリル毛糸には「湿式アクリル毛糸」と「乾式アクリル毛糸」があって、この「湿式」で作られたタイプのアクリル毛糸でないと、エコたわしとしての機能がないそうです。ハマナカの公式ページに書かれていました。

日本のメーカーはほとんどが「湿式」で作られているようですが、外国のメーカーは「乾式」が主流なのだそう。特に毛糸に表記はないので、肌触りなどで確認するしかなさそうです。
はたして、私が使った毛糸はどっちなのでしょう?日本のアクリル毛糸が手に入らないので確かめようがないです。。。

ちなみに、乾式の方は、軽くて温かいので身につけるものを編むのに向いているそうです。





にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

About this site
カリフォルニアで夫 + きょうだいネコ2匹と暮らす私の手まりと手紡ぎ日記 Ravelry: @warusona
About me
カリフォルニアで夫 + きょうだいネコ2匹と暮らす私の手まりと手紡ぎ日記
Ravelry: @warusona
Instagram:@love_spinning_temari