FC2ブログ

ショール:Aisling

Shibui Knitsの昨年秋の新作の糸 Birch を使って、”Aisling"ショールを編み始めました。
この糸は 100% Extra Fine Merino の糸で、シングルプライなのでとてもふんわり柔らか。
柔らかなショールができることを期待して。

IMG_5507.jpg 

はじめはメタルの輪針で編んでいたのですが・・・
シングルプライのこの糸、すべるすべる・・・そしてメタルに濃いグリーンが反射してとても見づらい。ということで途中から、竹の切り替え輪針に変更しました。
で、この切り替え輪針に変更したのが後に大成功とわかるのですが。。。

IMG_5931.jpg 

亀の歩みですが、ゆっくり成長し続けています。

この写真の通り、近畿編針(KA)の切替輪針SWICH(USサイズ)に変更しています。
FullSizeRender 9 


ようやくグリーンとホワイトの本体部分が終わり、エッジのレース部分に突入です。
IMG_6181 2 

このとき、エッジ部分は本体とは異なる方向に編み進めるのですが、ずっと輪にしておく必要がないことに気が付きました。ここで切替輪針の片方を外して、ストッパーをつけて、片方の針をフリーにして棒針として編めばかなり自由がきくと。これですごく編むのが楽になります。

IMG_6190.jpg 
エッジの終点側はストッパー

IMG_6191.jpg 
編み進める側はこんな感じ


で、私はこのショールを英文パターンで編んでいるのですが、ここでまた英文パターンの素晴らしさに感動。本当に書かれているとおりにそのまま編めばちゃんとエッジ部分が本体につながってくるのです。はじめ、パターンを読んだ時、どうやってつなげる?つながる?んだろうと、全くわからなかったのですが、何も考えずにパターン通りに編んでいくと、不思議ときちんと形になってくるのです。
初心者でも編めるわけだ・・・と妙に納得。

さて、ここからが大変。なわ編みやレース模様などちょっと複雑なパターンが永遠と続く感じです。26から29目の段が300回以上続きます。
がんばろう。。。

Ravelryのパターンです
 



にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
カリフォルニアで夫 + きょうだいネコ2匹と暮らす私の手まりと手紡ぎ日記 Ravelry: @warusona
About me
カリフォルニアで夫 + きょうだいネコ2匹と暮らす私の手まりと手紡ぎ日記
Ravelry: @warusona
Instagram:@love_spinning_temari