FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Signature Needle Artsの輪針

Signature Needle Arts の輪針です。
編針界のフェラーリだとかロールス・ロイスだとかと称される、超高級な輪針です。

ACS_0048.jpg 


Marikoさんのブログ(黄色いレンガ道)にで紹介されていて、それに影響されて、お道具好きの私、勢いで真似っ子オーダーしてしまいました。
車のロールス・ロイスは絶対買えないけれど、輪針のロールス・ロイスなら私にも買えるわ!と。

私は細いソックヤーンを編むことが多いので、US1(2.25mm)とUS2(2.75mm)の2種類を注文。2枚同時編みなどできるように長いコードにしておきました。

で、編んで見たところ、たしかにとっても編みやすいです。
針先の絶妙な尖り具合、軸の滑り具合が素晴らしいのです。

が。。。。。。

正直な所、この価格を出してまで購入する価値があるか?というと、あくまで私の感想ですが、そこまでの価値は見いだせませんでした。
「超高級編針を所有している」という喜びが付加価値としてあるというくらい?

フェラーリやロールス・ロイスを運転したことはありませんが、乗り物を道具として考えた時にそれがとても運転しやすいものなのか?というと少し違う気がするんですよね。
そういったラグジュアリー車は、その居住空間が快適だったり、見た目が美しかったり、カスタマーサービスが素晴らしかったり、いわゆる+アルファ、オプション的部分に意味があるというか。
結局普段使いにはトヨタの大衆車みたいなのが楽だったりするんじゃないかと。(ちなみに私はトヨタは好きじゃないので、違う会社の日本車に乗っていますが。って、関係ないですね)
まぁ、乗ったことがない人が言うことではないのですが。。。

ということで、私はこの2本で満足かな。

で、Marikoさん情報によると、太い針ほど真価を発揮するらしいです。とくにその軽さ。私のような細い針だとあまり差が感じられないのかもしれません。なので、太い針をよく使われる方なら、使ってみる価値があるかもしれません。

ちなみに、US1(2.25mm)の針で体重測定です。すべて2本の重さです。
1/100の精密測りで測ってみました。

上から、ChiaoGoo, Hiyahiya, Signature Needle Arts の針です。先端の形状は比較的似ています。

IMG_0360.jpg 

ChiaoGoo 4inch (10cm) : 5.23g

ChiaoGoo 5inch (12.5cm) : 2.81g
Hiyahiya 5inch (12.5cm) : 1.86g
Signature Needle 4inch (10cm) : 2.36g


という結果でした。Hiyahiyaの針が一番軽かったです。


驚いたのは、ChiaoGoo.

短い4インチ針のほうが、長い5インチ針より重かったのです。何度測ってみても同じだったので、メーカーはバランスとか、強度とか考えてそうしているのか、理由があるのかないのか、よくわかりません。




にほんブログ村に参加しています。できればクリックよろしくお願いします。

関連記事

Comments - 0

Leave a reply

About this site
カリフォルニアで夫 + きょうだいネコ2匹と暮らす私の手まりと手紡ぎ日記 Ravelry: @warusona
About me
カリフォルニアで夫 + きょうだいネコ2匹と暮らす私の手まりと手紡ぎ日記
Ravelry: @warusona
Instagram:@love_spinning_temari
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。